教頭の「騙されたと思ってイって見ろ!」 Vol.6 真っ赤に染まった初体験♡

教頭です。ワシは今、猛烈に緊張している。何故なら今回のテーマが、校長の大好きなワインだからだ。

今回は校長に失礼のないようにマスをカキながら記事をカキたい(いきなり失礼ブッこき)

ワシはいま、ワインを少しずつではあるが勉強している。

焼酎飲み続けて20年。日本酒飲み続けて20年。ウィスキー飲み続けて20年。だが聖水とワインは殆ど飲んだことがない(聖水に関しては何かの本で、飲めば病気が治るという記事をみて、自分のを0.5mmくらいのんだことがある。しかし、聖水によって体の不純物を出してるのに、それを体に戻す行為は、当然良くないことなので真似するなら1回だけにしてほしい)

そんなワシが最近、ワインを飲んで今まで味わったことのないエクスタシーを経験してしまった。これが俗に言う、脳汁どぴゅみってやつだ。

1本数百万円のワインを飲んだわけではない。ワシみたいなカスが数百万円のワインを飲んだところでワイン様に失礼だ。

初心者のワシがなぜワインを飲んでドピュミしたのか。これは2人のズルムケ、もとい、ソムリエとの錦糸町での出会いがきっかけだった・・・。

【ソムリエ】

ワシは40にもなってソムリエの意味を知らなかった。余談だが、カウパーの意味は知っている。

そんなワシだが錦糸町で2人のソムリエに出会って初めてソムリエの意味を知る。ワインに全く興味がなかった証拠だ。

だが、錦糸町でのソムリエとの出会いがきっかけで、今まで興味のなかったワインに一気に魅了されてしまったのである。はぅん♡

この方々に出会っていなかったら一生ワインを好んでは飲まなかったかもしれない。ワシの周りにワイン好きは何人かいるが、その人たちと飲んでも全然ワインの魅力が伝わってこなかったし何より美味しいと思えたことはなかった。そもそも今まで飲んできたワイン自体あまり美味しいものではなかったのかもしれない。

恐らくワシは、ワインの香りを表現する「アロマとブーケ」を「イラマと精子」と言ってる様な奴らにしか出会ったことがなかったのだろう。

それでは、ワシが衝撃を受けたソムリエのお二人をご紹介させていただく♡

 

【好調な校長】

ワシは勝手に校長のことをズルムケのソムリエだと思っている。

校長はワインが大好きだし、大好き故、滅茶苦茶詳しい。何を聞いてもわかりやすく説明してくれて、ワシは校長の話を聞きながらフェラのフィニッシュくらい首を激しく縦に振ってうなずき続ける。校長は、特に、カリ太カリフォルニアワインが好きらしい。ワインと料理の絶妙な組み合わせを教えてくれる上、ワインをこれでもかというくらいエロくするクールなソムリエ。

入れる前にイッちゃう系・モテる男の代名詞。それが好調な校長。

【和田店長】

これからご紹介するお店の店長。日本にも数少ない若手のズルムケのソムリエの一人だと勝手に思っている。

校長と同様、ワインに合う完璧な料理を勧めてくれる。食べ方も教えてくれるが全然いやらしくない。とにかくおしゃれ♡

ワシはキチガイだが、和田さんはナイスガイ。KO-JI ZERO THREE(コージゼロスリー)を優しくした感じのオーラ。

このソムリエ同士のワイン談議はとにかく面白くて勉強になる。そしてそのお二方の話を聞き、ワシは二人の間でおどおどしながらワインと料理をたしなみ、その度に皮がズルムケするのだ。

ワインを飲んで、鳥肌がたったり、ムスコが勃ったという人は世の中に何人くらいいるだろうか。

恐らく片手とてぃんこで足りるくらいの数しかいないだろう。

ソムリエなら誰でも良いというわけではない。

このお二方は、とにかくワインをエロくしてしまうのだ!!!ワシは激しくフェラしたくなるズルムケのソムリエに出会えたのだ!!!!!

ワインを語るエロい人ではなく、ワインをエロく語りそしてワインをエロくする人こそが真のソムリエロドピュミトゥットゥルーなのだパオーン!!!(急に燃えてきたぜ)

ということで、今日は和田店長のお店を紹介する♡はぁはぁ・・・。

ここに行けば、校長と和田さんが今日もワインをエロく語りエロくしているかもしれない!

※過激な表現がありましたが、本当にワインもお料理も非常に美味しく、店長さんの人柄も素敵なお店です。デートで女の子連れて行ったら間違いなく落とせます※

 

NO CHARGE!路地裏のカジュアルダイニング
キッチンアンドバー オールドスコット

営業時間18:00 – 27:00(日曜定休)

住所〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-20-5 JEビル2F

TEL03-3632-1407

webサイト:http://oldscot.com/

先日出会ったワイン様たち。

スタッグス リープ ワイン セラーズ アルテミス カベルネ ソーヴィニヨン カリフォルニア

STAG’S LEAP WINE CELLARS ARTEMIS Cabernet Sauvignon [2015] Napa Valley
校長は既にアルテミスを飲み終えててデコイを楽しんでいた。

ダックホーン ”デコイ” カベルネソーヴィニヨン ソノマカウンティ カリフォルニア

Duckhorn “Decoy” Cabernet Sauvignon

サイクルズ・グラディエーター ピノノワール  カリフォルニア

Cycles Gladiator Pinot Noir California

mde

グラディエーターは、初心者にオススメということで、頂いてみる。
チャーミングでタンニン(渋み)が少ないワイン。
しかし、ハンガリーウォークという変わった樽で寝かせており、チャーミングだけじゃなくふくざつな味も楽しめるワイン、と、ソムリエ和田店長は言う。

山形県尾花沢産「雪降り和牛」寿司 子供を産んでいないA5ランクの処〇メス牛
ワサビで2貫、クレイジーソルトとペッパーで2貫食らう。

 

ピノ・ノワールは味噌、醤油など和食系調味料とも相性が良いらしい。
モグモグ…ふわぁぁぁぁぁぁ♥️
思わず出てきた言葉
「美味すぎてムカつくぅ~♥️」

校長はワシに言った。
「童貞が初めて風俗いった感じでしょ?」
は、はいー!

料理もワインも例えも上手い。

校長が続ける
「まだシャワーだよ?もう出ちゃったの?」状態でしょ?

は、はいー!!

その後、デコイとグラディエーターを比べてみたが、ワシのような初心者にはアロマもワインの最適な温度もわからない。
今のところグラディエーターが飲みやすい。
ここで校長かワインの掛け算の話をする。

ワインは、産地×品種×年代みたいなところがあるから延々楽しむるらしい。そしてソシアンド・マレの話で盛り上がる。

エヴォリューション・ピノ・ノワール  オレゴン
Sokol Blosser Evolution Pinot Noir

mde

画像はないが、シェフ厳選の黒毛の特選和牛カルパッチョをレモン風味の特製カルパッチョソースで食らう。

 

ブルーチーズにはちみつを絡めて、ワインで流し込む…

最高…
言葉がでない…

ロック・フォール
ゴルゴンゾーラ
スティルトン …ブルーチーズの話で盛上り、フィニッシュ。

錦糸町は本当に素敵な街だ。

 

 

共闘する教頭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です